美容外科の求人で仕事に出合えました

美容外科の仕事に出会えたのは幸運で院長に感謝

仕事を始めて2ヶ月、3ヶ月が経過すると、ようやく気持ちに余裕が出てきました。
それに伴い、美容外科の役割や従事する人の責任感に、院長の懐の深さに対する感謝を強く感じました。
今では求人に出合えたり、思い切って電話をして良かったですし、僅かでも患者さんのお役に立てていると考えると幸せです。
給料や待遇も勿論魅力的ですが、働く楽しさややり甲斐など、充実感の方も満足度を高めているポイントです。

実は、今日は病院ではなく美容外科の面接を受けた。

まだ結果は出てないけど、もし、内定出たら・・・
転職するのが怖いんかな・・・今までの慣れた場所から離れて…初めての見知らぬ世界に飛び込むことが怖いんだ・・・どうしよう、なんでこんなに不安に駆られちゃうんだろう

— micro_macro🐻💗ଘ( ᵕᴗᵕ ) (@Micr0_macr0) 2019年6月4日
そして特に、患者さんの表情が来た時と帰る時で大きく変わることが、何よりも価値あるものになっています。
美容外科はネガティブではなく、ポジティブになる為の施設で、1人1人異なる希望に耳を傾けて手助けする仕事だと理解します。
美しくなる権利は誰にでもありますし、自分の望む美しさを手に入れた方が、人生が豊かになったり社会も明るくなるでしょう。
そういう仕事に出合えたのは幸運で、人格的に素晴らしい院長の下で働けることに感謝しています。

美容外科は男性向けの求人もある美容外科で働くべく面接を受け無事に採用美容外科の仕事に出会えたのは幸運で院長に感謝

美容外科「求人」美容外科求人